×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

リボ払いとは?

リボ払いとは

 

最近クレジットカードのCMなどで流れる「リボ払い」というフレーズ、皆さんもよく耳にしているのではないでしょうか。。

 

リボ払いとは正式にはリボルビング払いの略語で、消費者金融やクレジットカードの返済方法の一方式の事をいいます。

 

また、「リボ払い」の他に「フレックス払い」と呼ばれる事もあり、こちらも日々の生活でよく聞くことがあるかと思います。

 

「リボ払い」は利用金額や件数にかかわらず、毎月一定額を支払っていくという支払方式です。

 

あらかじめ設定された利用可能枠の範囲内で繰り返し利用出来るので、計画的にショッピングプランを組むことができます。

 

では「分割払い」と何が違うのかというと、回数指定の分割払いは各々の件に個別に指定するものです。

 

それに対し「リボ払い」では各々の件に対してではなく残高全体について毎月返済することによって合計残高を減らしてゆくのが特徴です。

 

こうしてみるととても便利なサービスですが、いくつかの問題点もあります。

 

借入額が増えても毎月の返済額が変わらないので借金の意識が薄れてしまい、それにより借入額が増えると返済期間が長くなり、利息の負担が激増してしまいます。

 

こうした問題点もふまえた上で、安心した生活が出来るように上手な返済方法を選びましょう。

リボ払いの手数料

 

ショッピングの支払いの際に使う事の多い「リボ払い」。

 

最近ではCMなどでもよく聞きますし利用者もどんどん増えているそうです。

 

「リボ払い」は利用金額や件数にかかわらず、毎月一定額を支払っていくという支払方式です。

 

あらかじめ設定された利用可能枠の範囲内で繰り返し利用出来るので、計画的にショッピングプランを組むことができます。

 

毎月の支払いは大体の所が元金定額の5千円から1万円以上1万円単位で選び、毎月の支払金額=指定の金額(定額)+手数料となります。

 

ここで気になるのが「手数料」ですが、こちらはカードによって違いますが年利が大体15.0%だとするとリボ払いの利用残高に15.0%をかけて、年365日(閏年は366日)で日割り計算した金額です。

 

例えば10万円の買い物をリボ払いにして、月々1万円ずつ支払うと、手数料は12500円になります。

 

これが100万円だとしたらもちろん125000円...というように、使う金額が大きければ大きいほど、支払い期間が長ければ長いほど高額の手数料が掛かってきてしまいます。

 

収入が入った時などはまとめて払う他、返済シュミレーションなどを使って事前に返済プランを確認しておくことが大切です。

リボ払いの計算

クレジットカードや消費者金融などで支払いがある際に使う事が多い「リボ払い」。

 

ショッピングの際に選んでいる方、非常に多いと思います。

 

「リボ払い」とは支払残高に応じて、月々あらかじめ決められた金額をクレジット会社に支払う方法です。

 

これにより、月々の支払いを一定にすることができるため、残高を管理しやすいという利点があります。

 

ですがその一方、商品ごとに支払回数・期間を設定する分割払いと異なり、支払残高があるかぎり支払いが続いてしまうのできちんと計画を立てないと危険です。

 

「リボ払い」はどういった計算で行われているのでしょうか。

 

例えば10回のリボ払いの場合、手数料が毎月掛かります。

 

クレジットカードによって手数料の掛かり方は違います。

 

今回は初回から年利15%とという設定で計算しましょう。

 

年利とは利息を年で割った金額のことです。

 

リボ払いの利用残高に15.0%をかけて、年365日で日割り計算したのが手数料となります。

 

10万円の買い物をリボ払いにして、月々1万円ずつ支払うと手数料は12500円もかかるのです。

 

無計画に支払方法を選んでしまうと損をしまいます。

 

きちんと理解したうえで正しい使い方をしましょう。

リボ払いの意味

 

最近CMなどでもよく耳にする「リボ払い」ですがどのようなものか皆さんはご存知でしょうか。

 

「リボ払い」とは消費者金融やクレジットカードなどの支払方法の一つですが、「リボ払い」とは略語であり、「リボルビング方式」の支払い方法という意味です。

 

リボルビング方式とは、利用者ごとの限度額をあらかじめ決めておき、利用者は、その限度内でカードを使用し、返済回数は決めず月々一定額、または残額に対する一定割合額などの形で返済する事をいいます。

 

メリットは支払いが一定なので毎月のやりくりが計画的にできること。

 

デメリットは知らない間に負債(残高)が増えているという事態にに陥りやすいこと、15%以上の高額な金利がかかる場合が多いことなどです。

 

また、「分割払い」との違いは回数を決めて、それによって1回の金額が決まるのが通常の「分割払い」。

 

毎月の金額が決まっているので、買った金額によって回数が変わってくるのが「リボ払い」です。

 

当然金額が多ければ、支払い回数が増えますので、その間利息を多く払うことになるのです。

 

お金がある時には繰上げ返済したり、またリボ払いの金額は自由に設定できるので、多めに変更したりなどの工夫してなるべく早く返すよう心がけると安心ですね。

 

きちんと内容を理解してその他の支払方法などと比較したうえで選びましょう。

 

VISAカード

現在たくさんの方々が利用している「VISA」。

 

クレジットカードを持っている方なら誰もが知っていますよね。

 

「VISAカード」としてショッピングでクレジットを使う際など、様々な場面での私達の生活に役立っているかと思います。

 

最近CMなどで利用者が増えている「リボ払い」もVISAなら安心です。

 

「リボ払い」とは利用した件数金額にかかわらず、毎月の支払いを元金定額から選べる便利な支払い方法です。

 

毎月の支払いがほぼ一定なため、無理なく計画的に利用することが出来ます。

 

一括ではその月の残高に影響してしまう、という時には助かりますね。

 

ただし毎月の支払額は選んだ定額プラス手数料なので、もちろん金利手数料というものがかかってくる事だけは気をつけなければなりません。

 

現在では各金融機関ホームページから「リボ払いシュミレーション」というものが使えるようになっています。

 

気持ちの良い返済をするためにはこうしたシュミレーションを使って支払い総額などを事前に調べておくことも必要です。

 

また設定内容や残高などをこまめに確認することも大切です。

 

きちんと内容を理解した上で利用することで便利な「VISA」の「リボ払い」。

 

計画的で安心したライフプランに役立てましょう。

JCBカード

ショッピングの際、どうしても欲しいものが見つかったのにお金が足りない...そんな経験はございませんか?

 

JCBカードの便利な「リボ払い」は利用金額や件数にかかわらず、毎月一定の元金に手数料を加えて支払うという方法です。

 

大きな買い物をしても、毎月の支払い額はほぼ一定になるので安心です。

 

支払いコースは三種類で、利用残高にかかわらず5千円以上1千円単位の指定の金額を支払う定額コース。

 

締切日(毎月15日)時点の利用残高全額を支払う全額コース。

 

支払い元金が、締切日(15日)の利用残高に応じて変動する残高スライドコース。

 

残高スライドコースはさらに「標準コース」と「短期コース」があります。

 

手数料は実質年率13.20〜15.00%となっており、締切日(毎月15日)時点の利用残高に、手数料率をかけて算出しています。

 

きちんと払いきれるか心配な方は利用予定にあわせて支払いのシミュレーションができるサービスも便利です。

 

もちろん収入が多い時にまとめて払うことも可能です。

 

結婚式や旅行など買い物が増える機会はたくさんあります、JCBカードの「リボ払い」を上手に使ってショッピングをより楽しみましょう。

住宅ローン控除を利用するなら

住宅ローン控除を利用するならばリボ払いも延滞をしないようにしましょう。ローンの返済が滞っていると、他のローンを組む時に判断材料とされる信用情報に傷がついてしまいます。

 

リボ払いをすることは問題ないですが、きちんと計画的に利用するのが大切です。

 

住宅ローンは大きな金額のため、信用情報も大変慎重に見ます。住宅ローン控除とは直接関係が無いですが、控除を受ける際にはローンを組めることが前提ですからね。